Search
Search Menu

運転免許には複数の種類がある

普通自動車免許と普通自動二輪免許

普通自動車免許とは、自動車を運転出来る免許となります。自動車と言っても四輪の自動車に限定されている事が特徴です。その中でも免許の種類は複数ありますが、普通自動車免許は車両総重量が3.5トン未満、最大積載量が2トン未満、乗員が10人以下の自動車に限定されています。自家用車として運転されている自動車の多くは普通免許で運転が可能な車両総重量、最大積載量に設定されているため基本的には自家用車を購入、運転する時に困る場面はありません。しかし、仕事等でトラックやバスなどを運転する機会がある場合には普通自動車では運転出来ない車種に該当する事も珍しくありませんので注意が必要です。

普通自動二輪の免許になると、オートバイを運転出来る特徴があります。四輪の免許では運転出来ない種類のバイクになりますのでオートバイを運転する時には必須です。排気量が50cc以上、400cc未満のオートバイを運転する事が出来るようになる免許です。様々なオートバイを運転出来るようになり、車種によっては二人乗りをする事も可能になりますが免許を取得して1年以上が経過していないと二人乗りは禁止されていますので注意が必要です。

どちらの免許も一般的には自動車教習学校を卒業して各都道府県の運転免許センターで筆記試験を受験して合格をする事が免許取得の方法となります。また、自信のある方は運転免許センターで実技試験を受けることも可能です。

大型自動車と特殊車両

自動車の運転免許の種類で生活に関係が薄いものとして内容があまり知られていない免許が大型自動車と特殊車両です。この二つの免許は日常の生活に関係がありませんので基本的には仕事に活用している方だけが取得しています。

大型自動車免許とは、車両総重量が11トン以上、最大積載量が6.5トン以上、乗車定員が30人以上の車両です。数字では分かりにくいですが、大きなトラックやバスの運転に必要な免許として定められています。こちらの免許は受験資格が年齢だけではなくその他の要件もありますので受験をする場合にはチェックしておく必要があります。

特殊車両の免許とは特殊自動車とも言われています。特殊車両とは工事現場で使用されている車両やフォークリフトを公道で運転するための免許として定められています。こちらの免許も仕事の都合で必要になっている方が多い特徴が見られ、日常で使用する場面はほとんどありません。

免許の種類は複数ある

自動車を運転するために必要な免許は複数あります。そのため、車種により規定に従った免許が必要となります。運転免許を取得する際には運転をする自動車に合わせた免許を取得しなければなりません。