Search
Search Menu

合宿免許所と自動車学校の違い

合宿免許所と自動車学校の違い、免許取得までの流れは合宿免許のメリットや合宿免許のデメリットが必要、合宿免許先の選び方は交通費・食費・宿泊施設・保証を確認

合宿免許所に興味を持っているという方であれば、自動車学校の違いをチェックしてみましょう。実際に違いを確認してみると、免許取得までの流れで異なる点が多いということがわかります。また違いを考えるときのポイントとして、メリットやデメリットを確認するという点があげられます。

例えば合宿免許のメリットとして、期間が短いという点があげられます。また宿泊施設を利用することで、教習所まで通う手間が省けて短期間で免許の取得を目指せます。一方で合宿免許のデメリットになるのが、合宿地までの交通費がかかるという点です。さらに宿泊環境に慣れないと、精神面の負担が大きくなる可能性もあるので注意が必要です。ほかにも合宿免許には、本免許学科試験は住民票のある都道府県で受ける必要があるというデメリットも存在しています。

このようなメリットやデメリットがあることを考えると、合宿免許先の選び方にも注意する必要があります。例えば交通費の問題であれば、自宅から合宿地までにどのような交通手段で行くことになるのか考えるようにしましょう。特に自分で費用の負担をする場合には、具体的な交通費の負担を考慮したうえで申し込みを行うのか検討することも忘れてはいけません。

また考慮すべきポイントの1つに、食費の問題があげられます。合宿免許の費用に食費が含まれている場合と、別料金というケースが見られます。別料金で計算されている場合、当初の予定よりも多くのお金がかかってしまうかもしれません。2週間分の食費となると、ある程度のお金がかかります。そのような点も含めて費用の問題について考えていくことが大切です。

数週間過ごすことを考えた場合、宿泊施設もチェックポイントの1つです。多くの宿泊施設では、1人部屋ではなく複数人で一緒に生活することになります。友達同士なら気まずい思いをしにくいですが、初対面の方と同部屋になるかもしれません。部屋だけではなく浴室などの設備も確認したうえで、申し込む合宿免許を決めることを忘れないようにしましょう。

合宿免許所に参加したとき、数週間の日程だけで過程が終了せずに補修が必要になる方もいます。ここで問題になるのが、補修が必要になったときに費用面での保証はあるのかという点です。宿泊施設や教習代金の保証を確認することが大切です。さまざまな視点から事前に確認することで、安心できる環境で合宿免許の参加することにつながります。