Search
Search Menu

合宿免許卒業後の学科試験について

合宿免許を卒業すると、自動的に自動車免許が発行されると勘違いしている人がいるかもしれませんが、そうではありません。合宿免許を卒業することで、自動車免許取得の際に必要な実技の試験は免除されますが、学科試験は免除されないからです。そのため合宿免許を卒業後、改めて免許センターで学科試験を受けて、それに合格する必要があります。

その際の注意点ですが、卒業から試験までの期間は1年間となっています。この期間を過ぎてしまうと、合宿免許を卒業しても学科の試験を受けることができなくなります。つまり、自動車免許を取得できなくなってしまいますので注意しましょう。また、試験を受けることができるのは、住民票がある地域の免許センターのみとなります。通常合宿免許は住民票が同地域にない人を対象としているので、卒業証明書を持って住民票のある警察署に出向き、学科試験の受験の申し込み手続きを行わなければなりません。この手間がやや面倒に感じるかもしれませんが、1年間の期間があるので、焦らず、ゆっくりと進めていくと良いでしょう。

学科の試験は午前と午後とどちらでも好きな時間に受けることができます。合宿免許を卒業して間をあけてしまうと、せっかく習ったことも忘れてしまうので、なるべく間をあけないようにすることが大切です。ただ、学科で問われる問題は、それほど難しくないので、テキストをしっかり読み直し、心配ならば自動車免許の過去問などをやっておくと安心です。