Search
Search Menu

合宿免許を通して自動車免許を取得する際のマニュアルについて説明しましょう。まず最初に行わなければならないのは、合宿免許選びです。人気のある教習所はすぐに定員になってしまうので、3か月前には予約を入れるようにするのがポイントです。早く予約すれば早割が適用してくれる教習所も多いのでお得でもあります。教習所選びの基準となるのは、価格、ロケーション、宿泊施設、食事、特典などで、これらを優先順位をつけて、比較していくことが大切です。




入校の日が近づいて来たら、合宿免許に必要な持ち物をチェックし、漏れのないようにしっかり準備しましょう。特に、住民票や本人確認証、印鑑など、必要書類を忘れると入校することができなくなるので要注意です。また2週間宿泊することになるので、余暇の時間も含めて生活に困ることのないようにすることが大切です。寮などにはコインランドリーが完備されていますが、ホテル泊の場合はクリーニングをどうするかもチェックしましょう。

入校後は実技と学科のハードの毎日が待っています。緊張することが多いと思いますが、友達と一緒に参加していれば、互いに励ましあいながら進めていくことができます。インストラクターに教わった通り、焦らず運転していくことが大切です。検定試験などに落ちた場合は、追加教習を受けることになりますが、その追加教習の費用も初めから含まれているのかいないのかも、あらかじめチェックしておくと安心です。

合宿で免許を取るならクレジットカード払いOKの【合宿免許 くりっく】




合宿免許所で出会い、彼氏彼女として

数か月前に免許を取るために合宿免許所に行きました。一人で参加したのでいろいろと不安なことが多かったのですが、結局のところ合宿免許所では非常に楽しく過ごすことが出来たので良かったです。しかしながら、とにかく忙しかったです。最初にスケジュールを見たときから驚きましたが、実際にいざ合宿がスタートすると非常に目まぐるしく動いていました。

1日目からすでに運転を始めるというハードスケジュールで、頭の処理がなかなか追いつかない状態だったのです。特に、何も車の知識が無い私などは混乱をすることがしばしばでした。しかし、そんなときに運命の彼と出会いました。私が混乱していてパニックになって頭を抱えていたときに、「大丈夫?」と優しく声をかけてくれたのです。突然声をかけられてびっくりしましたが、顔を上げてみると優しく微笑む彼の姿がそこにありました。彼の優しい笑顔に癒され、「うん、大丈夫。ありがとう。」と言うと、そこから自然と会話が始まったのです。彼も私と同じく一人で来ていて、どこから来たのかなどという話をして会話が弾みました。一人で参加していて心細い状態だったので、彼が話しかけてくれてこれ以上ないくらいに嬉しかったし、とても心強かったです。

日中は非常に忙しいハードスケジュールですが、夜になると一気に暇になります。日中でも授業と授業の間の時間が4時間から5時間ほど空くこともあって、そのようなときも暇です。そんな時間には、彼とずっと話をしていました。将来の夢とか、免許を取ったらどこに行きたいかなどという話をしていると、空き時間もあっという間でした。むしろ、このままずっと空き時間でも良いと思えるくらいに、彼と話をする時間はとても楽しかったです。趣味も一緒で、彼も私も旅行が趣味だったのでいつも会話が盛り上がっていました。

また、教習所の中に置いてある漫画を一緒に読んだり、教習所の周りを散歩したりして楽しく過ごしました。そのようにして楽しく過ごしているうちに、私と彼はいつの間にか彼氏彼女になっていたのです。合宿免許所は、不安も非常に多い場所だからこそ、自然に人とも会話をすることが出来、私たちのように付き合うカップルもいるみたいです。

本当は友達と一緒に行きたかったのですが、今となっては一人で行って良かったなと思いました。合宿免許所で過ごす日々が終わった後でも、彼氏とは楽しく付き合いを続けることが出来ています。